NAVIGATION    
INFORMATION    

バーバリアンチーフテンは製法にこだわります。
「製法」とは本来材料を加工し組みたてて
物を作る一つの工程にすぎません。
しかし、靴はこの製法により品質が左右されるほど重要な部分であり
特別な意味を持っています。
 
〈グッドイヤーウェルト式製法〉
19世紀後半にチャールズ・グッドイヤーJrが発明家を集めて開発した製法。
細革を縫い付けてつくる製靴法で細革縫付機によって細革とアッパーが中底のリブに縫い付けられています。いろいろな靴の製法がありますが、グッドイヤーウェルト式製法はリブという、この方式独特のパーツを中底に貼りつけてあり、芯材を入れた丈夫な布で一定の高さをたもち中底に空間を作り、天然のコルク(フィラー)とシャンクと呼ばれる背筋のようなものを入れます。そしてこのコルクとシャンクが体重をソフトに支え、クッションの役割をするのでショックをより多く吸収し足を疲れさせません。
しっかりとした作りで、つま先保護・踵保持に優れ、耐久性が高くネジレにも強い安全設計。安定感があり、型崩れしませんので長く履けば履くほどフィット感が高くなり長時間履いても疲れにくいのが特長です。靴製法の中でも最も多くのパーツを使い手間のかかる製法です。
〈マッケイ式製法〉
南北戦争時代、軍用の靴製造方法として有名になった製法。
つり込まれたアッパーと中底にミッドソールを張り付けて靴型を抜いてからアッパー・中底・ミッドソールを一緒に縫い付けています。
シンプルな製法で非常に軽く足を包み込むように仕上げるため底の曲がりが良く、まるで靴下のような感覚でフィットするソフトな足入れが良いのが特長です。グッドイヤーウェルト式製法と並んで代表的な製法です。
 グッドイヤーウエルト製法
 マッケイ製法

 
Copyright BARBARIAN CHIEFTAIN.All Rights Reserved.